紳士

リスクが低い資産運用とは|安全資産と呼ばれている理由

低リスクで資産を運用

メンズ

確実に増やすには

資産を増やす方法として投資が挙げられますが、投資にはリスクがつきもののため敬遠される方がいます。確かにためた資金が減ってしまうのは耐え難いことですが働いて得られるお金には限界があり、銀行預金での利子は期待することは難しいものになってしまいました。よって、宝くじや公営のギャンブルなどを利用しない限り資産を増やすための投資は避けられない状況にあるといえます。投資をするにはリスクは避けられませんがそのリスクを最小限に抑える方法はあります。いわゆる安全資産といわれるものを中心にした投資をすれば収益も限られたものになりますが資産の減少のリスクを減らすことができます。安全資産といってもその名前で出されているわけではなく、ほかの投資の商品と比べてリスクが相対的に少ないものを安全資産と呼んでいるだけです。そのため具体的にこれが安全資産であると断定することは難しいですが、一般的に安全資産に分類されやすい傾向にあるものは決まっています。具体的に資産が減るリスクとして例えば会社の株式であればその会社の将来性が見通せなくなったこと、債券であれば発行元が債務超過になって支払いの見込みが立たなくなること、不動産投資であれば所有する不動産の経年劣化や災害などがあります。リスクから考えると、株式は総合的に考えなくてはならないため比較的高くなり、債券は発行元の財務状況を見ていればおおよそ把握できるため低くなります。不動産は災害は予測が難しいですが経年劣化などある程度予測のできるものもあるため株式よりは低く、債券よりは高いです。よって特に今後の予測がしやすい債券は全体的に安全資産と見なされやすいです。